• HOME
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合せ
  • サイトマップ
  • 資料を請求する
グルメもえらべる カタログギフト
お買い得 カタログギフト
母の日

HOME  >  引出物の知識とマナー

  • ログイン
  • マイページ
  • カートを確認する
  • 会員登録してお買い物をするとポイントがたまります!
  • 新規会員登録(無料)
おすすめギフトのタオルセット
プレミアムカタログギフト The Gift 【10万円カタログギフトデビュー】

キーワードから選ぶ

価格帯で絞り込み
円〜

商品カテゴリー

ご利用ガイド

引出物の知識とマナー

引出物の知識とマナーについてご説明いたします。

披露宴に出席した人に渡すお返しが、引出物

引出物とは、本来、披露宴のお土産でした。そのため、頂いたお祝金の額に関係なく、同じ引出物を渡せばよいでしょう。
最近は、結婚祝のお返しの意味合いを持つようになしました。引出物は、品物のほかに、引き菓子や折り詰を合わせる地域もあります。
最近の傾向としては、カタログギフトが大人気です。最大の魅力は、贈られた方が、好きなものを選べるという点にあります。また、結婚式の帰りに、荷物にならないということでも人気です。
輸入品洋食器も根強い人気があります。大皿やペアの食器、グラスなど、自分ではなかなか買わないような品を選ぶのもポイントでしょうか。

引出物の由来は?

引出物は、平安時代中期以降の習慣で、貴族が宴会に招いたお客様へもてなしの後、庭に馬を引き出し、土産として贈ったことが由来とされています。

引出物の意味は?

引出物は感謝の気持ちを伝えるもの。引き菓子は帰りを待つご家族へのお土産としての意味があります。
品数は縁起を担いで、割り切れない3品、5品、7品が良いとされています。

笑顔の見える贈り物 ― 使いやすくセンスの見える引出物

引出物は、ゲストのことを考えて選ぶのが一番です。
スマートでハイセンスなもの、自分が贈られて嬉しいもの。実用的なものなどをポイントに二人らしさと、贈られた方の笑顔が見えるそんなものを選びたいですね。

目上の方やご年配の方に ― 量より質のちょっといい引出物を

結婚式には、幅広い年齢層の方に出席いただきます。だからこそ。お二人の心配りが感じられるものを贈りたいですね。特にご年配の方には、重くてかさばる引出物は持ち帰るのに大変です。量より質でちょっといいものを選びましょう。

気の利いた引出物とは?

列席者全員に同じ品物を用意することが、失礼がないとされていましたが、今は贈る相手に合わせて品物を選ぶ方が増えてきています。しかし、気をつけたいことは、明らかに違って見えること。お持ち帰りいただく袋は全員同じものを使いましょう。

今のトレンドの引出物とは?

食器やグラスなどは割れ物として「仲が壊れる」と避けられていましたが、最近はあまりこだわらずむしろ実用性からよく選ばれています。いくつあっても邪魔にならないものや自分では買わないだろうと思われるちょっといい物が喜ばれるようです。

季節の色と引出物?

最近では、パーティにテーマカラーを決めて演出する人も増えています。その色を引出物のポイントにしてもおしゃれです。しかし、ビビッドな色は避け、やさしい色合いのものや、ラッピングにテーマカラーを使うなどの工夫をすると好感度がアップします。

HOMEに戻る

ページの先頭へ